小原昭治のマラソン記録

■小原昭治は、ゴルフプレーが多く、現在は、走る事・大会参加は休してます。(2021.12)

■20代から重い物を持つ仕事が多く、40代後半まで腰痛で色々な治療を受けました。平成元年に現在の野田市に住む様になって、江戸川の土手を走ることで腰痛が改善されました。その後マラソンが趣味になり、走る仲間の「野田楽走会」に入会、ハーフ・フルマラソンから100Kmウルトラマラソンに挑戦するようになり、マラソン中毒になりました。65歳(平成19年)定年後膝の痛みが発生、走ることを止めました。膝関節の軟骨が無くなり平成24年前後は歩くことも不自由でした。平成25年に「湘南鎌倉総合病院人工関節センター長の巽一郎先生」の診察を受け一年間の筋肉強化をしましたが、痛みが緩和されず、平成26年に両膝に人工関節を埋め込む手術を受け、痛みが解消されました。巽一郎先生から平成27年4月からゴルフが許可、ジョギング程度も良いと言われ、新たなジョキングシューズを購入、2015,2016年12月の川口10Kmマラソンの再度挑戦する。

野田楽走OB会のマラソン記録は、下記をご覧ください。


■第42回那須塩原湯けむりマラソン全国大会(2019 5 18 19 1)

●第42回塩原温泉湯けむりマラソン全国大会が那須塩原市で行われました。野田楽走OB会から4名、旧野田楽走会から1名が参加しました。前日受付をを終わらせ、夕食はバイキング、恒例のまぐろ解体ショーで美味しい刺身を頂きました。翌日は1586人の参加人数でした。10Km部は前半下り、後半4Kmが上りコースてす。参加者の中にゲスト参加の猫ひろし様がおりました。


■第31回春日部大凧マラソン大会(2019 5 4)

●令和元年5月4日に「第31回春日部大凧マラソン大会」が参加者約1万人が全国から来て頂き開催されました。第1回が平成元年で私が野田市に引っ越した年です。私も1回目から参加は定かではないがこの大会20回以上参加してます。自宅から自転車で10~15分程度で行けるマラソン会です。今年は、練習量が少なく、気温も25℃を超す夏日で完走出来るか心配でした。今年から「転ばず、走らず、歩かず」の基本にしました。何とか1時間40分で完走出来ました。マラソン関係者の皆様の協力でありがとうございました。(動画制作者小原昭治動画時間約8分間)

■第37回川口マラソン大会中核市移行記念(2018.12.2)

●今年の第37回川口マラソン大会は川口市が中核市移行記念として、平成30年12月2日(日曜日)に青木町公園陸上競技場(青木町平和公園内)開催されました。参加者数約7千人と県内で開催されるマラソン大会で上位になっております。晴天に恵まれマラソン日和中10Km部がスタート、銀杏の葉が黄色く色づき綺麗でした。3Km付近でトップと出会い昨年と略々時間でした。後半アップダウンがありましたが、何とかゴーが出来ました。完走パティーで「しゃぶしゃぶ」をご馳走になって楽しいマラソンが無事に終わりました。来年も是非参加させて下さい。(動画時間約6分間)

■第36回川口マラソン(2017.12.3)

●昨年は、不参加でした。今年は練習しようと新しいマラソンシューズを購入して意気込んでいましたが、忙しい毎日で、11月から練習開始が出来ず、本番3日前に江戸川の土手を5Km歩き、5Kmゆっくり走ったのが最初で最後の練習でした。第34回では、スタートを飛ばして後半バテ増したので、今回は兄グループと一緒に走ることにしました。スタート500mで最後尾、兄は3Kmでリタイヤ、その後妹と1Km程度一緒に走りましたが息切れして、一人で7Km付近まで最後尾で「走らす・歩かず」でした。7Km付近で歩いている夫婦を追い抜き、その後3名程追い抜きましたが、前半の遅れを取り戻す事が出来ず、ゴール1Kmで85歳の方の後ろを走りゴールしました。やはり練習無で、走ることは無理でした。次回は最低50~~100Km程度は練習しようと思っています。

■第34回川口マラソン(2015.12.6)
●両膝人工関節手術を受けて最初のマラソン大会は、長年参加した川口マラソンに兄弟・親戚・元会社の関係者と楽しく走りました。沿道には、中学時代の友達・会社関係者等の応援を頂きました。前半少し頑張りすぎて、後半少し歩きましたが、楽しくゴールができました。大会終了後完走パーティーで兄がご馳走して頂きました。ありがとうございました。

●川口マラソン大会の写真

●兄弟三人で仲良く走りました。お兄様元気です。

●無事ゴール10Kmは長かったなぁー。



野田楽走会の53Km走る成田マラソンスタート前

j●野田楽走会・海外マラソンの思い出

●小原昭治のホノルルマラソンゴール寸前

●ロタ島のトライアスロンに参加

●新しく購入したジョギングシューズ